タンパク質とは

20種のアミノ酸で10万種類を構成

タンパク質とはアミノ酸が多数結合した高分子化合物のことで、炭素・水素・酸素のほか、窒素や硫黄を含むのが特徴です。
アミノ酸の種類や量、配列順序などによってタンパク質の形状や性質、働きは異なります。
アミノ酸だけで構成される単純タンパク質とアミノ酸以外の成分も含む複合タンパク質に分類されます。

体を構成する主成分

筋肉・骨・血液・皮膚などの体の構成成分であり、酵素・ホルモン・免疫抗体などの原料にもなります。
リポタンパク質として栄養素の運搬にも関与しています。
アミノ酸20種のうち11種類は体の中で合成されますが、9種類のアミノ酸は体内で合成されません。
元気な体を作るためには、毎日の食生活の中で必須アミノ酸を意識して補給しなければなりません。
必須アミノ酸がバランスよく含まれているタンパク質が、良質タンパク質とよばれています。
肉や魚などは、良質な動物タンパク質が豊富に含まれています。
また、大豆に含まれているタンパク質も良質タンパク質です。

過剰摂取は腎臓に負担

タンパク質には糖質や脂質のように体に貯蔵する仕組みがなく、過剰分は尿として排泄されます。
そのため腎臓に負担がかかり、腎機能障害につながるおそれがあります。
尿中カルシウム排泄量も増加し、骨粗鬆症にもつながります。

摂取不足すると免疫力の低下や成長障害を起こす

タンパク質が不足すると、人体を構成するタンパク質が分解されて不足分を補う。
そのため、体力や免疫力が低下します。
血管が弱くなり、脳卒中の危機も高まります。

単純タンパク質

  • アルブミン
    オボアルブミン(卵白)
    ラクトアルブミン(乳)
    血清アルブミン(血液)
    水溶性、熱で凝固する
  • グロブリン
    ミオシン(筋肉)
    グロブリン(卵白、血清)
    グリシニン(大豆)
    不溶性、熱で凝固する。うすい塩類溶液に溶ける
  • グルテリン
    グルテニン(小麦)
    オリゼニン(米)
    不溶性、うすい酸・アルカリに溶ける
  • プロラミン
    グリアジン(小麦)
    ツェイン(とうもろこし)
    不溶性、アルコールに溶ける。小麦の麩(グルテン)はグルテニンとグリアジンからなる
  • 硬タンパク質
    コラーゲン(皮、骨)
    エラスチン(腱)
    ケラチン(爪、毛髪)
    コラーゲンは水煮すると、水溶性のゼラチンに変わる

複合タンパク質

  • 糖タンパク質
    オボムコイド(卵白)
    ムチン(だ液)
    タンパク質に糖が結合したもの
  • リンタンパク質
    カゼイン(乳)
    ビテリン(卵黄)
    タンパク質にリン酸が結合したもの
  • 色素タンパク質
    ヘモグロビン(血液)
    ミオグロビン(筋肉)
    タンパク質に色素が結合したもの
  • リポタンパク質
    リポビテリン(卵黄)
    リポプロテイン(血清)
    タンパク質に脂質が結合したもの
  • 金属タンパク質
    フェリチン(肝臓)
    ヘモシアニン(無脊椎動物の血液)
    タンパク質に金属が結合したもの。酵素作用を持つものが多い(金属酵素)

その他のタンパク質

  • 誘導タンパク質
    ゼラチン
    タンパク質を物理的・化学的に処理したもの

タンパク質のプロフィール

  • 生理作用
    筋肉、臓器などの構成成分。酵素、抗体、ホルモンの原料となる
  • 供給源
    肉、魚介、大豆、卵、牛乳
  • 摂り過ぎの場合
    腎機能障害、カルシウム排泄量の増大
  • 不足した場合
    体力・免疫力低下、成長障害、脳卒中
  • 一日の摂取基準
    成人男性 60g未満・成人女性 50g未満