ビタミンとは

栄養素はビタミンがないと働かない

ビタミンはエネルギー源にならない栄養素ですが、ほかの栄養素の働きを助けたり、体の機能を正常に維持します。
現在13種類のビタミンがあり、水溶性と脂溶性とに分けられます。
ビタミンB群やビタミンCなどの水溶性ビタミンは、多く摂っても尿として体外に排泄されるので過剰症の心配はありません。
しかし、ビタミンAやビタミンDなどの脂溶性ビタミンは、過剰に取ると排泄されずに肝臓や脂肪などで蓄積されるので過剰症を引き起こします。
ただし、脂溶性ビタミンでもビタミンEは現在のところ過剰症は認められていません。
逆に不足すると欠乏症を起こすので注意が必要。

溶解性の違いで2つに分類

  • 脂溶性ビタミン
    • ビタミンA(レチノール・βカロテン)
      目の網膜色素の成分・皮膚や粘膜を健康に保つ・抗がん作用
    • ビタミンD(カルシフェロール)
      カルシウムの吸収促進・骨の成長促進・血中カルシウム濃度の調整
    • ビタミンE(トコフェロール)
      細胞膜の参加を防ぐ・過酸化脂質の生成防止・老化予防・血球の溶血予防
    • ビタミンK(フィロキノン)
      血液凝固因子の生成・カルシウム結合タンパク質の生成
  • 水溶性ビタミン(ビタミンC以外はビタミンB群と呼ばれている)
    • ビタミンB1(チアミン)
      補酵素として糖質の代謝に関与・神経機能を正常に保つ
    • ビタミンB2(リボフラビン)
      補酵素として糖質や脂質、タンパク質の代謝に関与・成長促進・過酸化脂質の分解
    • ナイアシン(ニコチン酸・ニコチン酸アミド)
      補酵素として糖質や脂質、タンパク質の代謝に関与
    • ビタミンB6(ピリドキシン)
      補酵素としてアミノ酸の代謝に関与・神経伝達物質の合成
    • 葉酸(プテロイルグルタミン酸)
      赤血球の産生・ほほ嘘としてDNA合成に関与・胎児の先天異常の予防
    • ビタミB12(コバラミン)
      補酵素としてさまざまな反応に関与・正常な赤血球の産生・神経機能の維持
    • ビオチン(ビタミンH)
      補酵素として糖質や脂質、タンパク質の代謝に関与
    • パントテン酸(ビタミンB5)
      補酵素として糖質や脂質、タンパク質の代謝に関与
    • ビタミンC(アスコルビン酸)
      コラーゲン合成・筋肉や血管、皮膚や骨の強化・過酸化脂質の生成を抑制・抗がん作用