ビタミンE

過酸化脂質の生成をストップ

ビタミンEは、広く細胞膜に存在しています。
細胞膜を構成するリン脂質には不飽和脂肪酸が多く含まれ、これが酸化すると過酸化脂質が生じて細胞が傷ついて老化が進行します。
ビタミンEは強い抗酸化作用を持っているので、有害な過酸化脂質の生成を防ぎ細胞の老化を防いでくれます。
また、血液中のLDLコレステロールの酸化を防ぐ働きもあるので、動脈硬化の予防が期待されています。

血行を良くして冷え性を改善

ビタミンEには抹消血管を広げて血行を良くする働きもあることから、血行障害によって生じる肩こりや頭痛、冷え性などの改善効果が期待されています。

過剰症は起きにくい

ビタミンEは脂溶性ビタミンの一種ですが、健康人では比較的に過剰症は認められません。
しかし、過剰に取り続けけていると軽度の肝障害を起こすといった報告もあるので、長期間摂りすぎるのはよくありません。

不足すると赤血球膜が弱まり溶血することも

ビタミンEが不足すると血液中のビタミンE濃度が低下し、細胞膜の脂質が酸化され、未熟児や乳幼児などは赤血球膜の抵抗性が弱り溶血性貧血を起こすことがあります。
ビタミンE欠乏により動物では不妊症や筋肉の萎縮が、人の場合は極稀に感覚障害や神経症状が起こります。

ビタミンC、ビタミンB2、βカロテンなどと一緒に摂ると抗酸化力が高まる

ビタミンCと一緒に摂るとビタミンEの抗酸化作用がアップします。
また、βカロテンやビタミンB2、セレンなどもそれぞれ抗酸化力を持っているので併せて摂るとなお効果的です。
ビタミンEは植物油に豊富に含まれていますが、古くなったり加熱すると酸化が進むので早めに使い切ることが大切です。


ビタミンEのプロフィール

  • 化学名・別名
    トコフェロール
  • 性質
    脂溶性、淡黄色、粘性油状、非常に酸化されやすい
  • 生理作用
    細胞膜を健全に保つ、過酸化脂質を防ぐ、老化予防、赤血球の溶血を防ぐ
  • 摂り過ぎの場合
    過剰症は起きにくい
  • 不足の場合
    赤血球の溶血、神経障害
  • 1日の摂取基準
    成人 8〜9mg 上限 600〜800mg

ビタミンEの効能

  • 動脈硬化予防
  • 心筋梗塞予防
  • 脳卒中予防
  • 血行を良くする
  • 美肌
  • ガン予防
  • 更年期障害の症状改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です