栄養素の種類と働き

エネルギー源となる3大栄養素

糖質・脂質・タンパク質が3大栄養素でビタミン・ミネラルを加えたものが5大栄養素です。
1g辺りのエネルギーは糖質とタンパク質が4キロカロリー、脂質が9キロカロリーのエネルギーを発生させるパワーを持っています。
ただし、タンパク質は平常時にはエネルギー源より、細胞・ホルモン・酵素・遺伝子・免疫抗体などの構成成分として優先的に利用されます。

タンパク質を構成しているアミノ酸

約20種類のうち、8種類(子供は9種類)は人体で合成できないので、必須アミノ酸とよんでいます。
生物によってアミノ酸の種類や組み合わせはみな違います。

脂質には3つのタイプある

脂質には脂肪・リン脂質・コレステロールがあり、脂肪はグリセロールに飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸がくっついたものです。
リノール酸・αリノレン酸・アラキドン酸は体内で合成できないので、必須脂肪酸と言います。

炭水化物とは

糖質と食物繊維のことで、糖質は消化されてエネルギーになりますが、食物繊維は人間の体内では消化されないので、エネルギーになりにくい。

ビタミンとミネラルは微量栄養素

ビタミンは炭素・水素・酸素・窒素などを含む有機化合物の栄養素で、13種類あります。
ミネラルは鉄(Fe)・カルシウム(Ca)などのように元素記号で表される物質です。

栄養素と似た働きの食品因子

免疫力を高める・活性酸素を防ぐなど栄養素と似た働きをする食品因子が食物繊維やポリフェノール、カロテノイドなどで非栄養素系食品因子やフィトケミカル(植物に含まれる化学物質)と呼ばれ、注目されています。

栄養素の体内での働き

  1. 生命維持や活動のためのエネルギー源
    • 炭水化物
      糖質+難消化繊維の総称のことで、糖質には単糖類、二糖類、オリゴ糖、多糖類(デンプン、食物繊維など)があり、穀類に多く含まれる
    • 脂質
      脂肪、リン脂質、コレステロールの3タイプがあり、脂肪はグリセロールという物質に飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸がくっついたものです
    • タンパク質
      魚介、肉、卵、大豆などの主成分で個体によってアミノ酸の組成が違い、必須アミノ酸をバランス良く含んでいるものが『良質タンパク質』といわれる
  2. 筋肉・血液・骨などの身体の構成成分
    • ミネラル
      骨や歯の材料、生理作用の調整役に不可欠のカルシウムなどの元素記号で表される栄養素で、主に乳製品、海藻、小魚、野菜などに含まれます
    • 脂質
    • タンパク質
  3. 生理作用の調整などの体の調子を整える
    • ビタミン
      ビタミンは水に溶けない脂溶性のビタミンと水溶性ビタミンに大別され、合計13種類が確認されています
    • その他の食品因子
      食物繊維やポリフェノール、カロテノイドなど栄養素と似た働きをする食品因子のことで、抗酸化作用や免疫力アップなどが期待されています
    • ミネラル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です