糖質について

ビタミンB群と組み合わせる

糖質は血糖(血液中のブドウ糖)として全身に運ばれ、色々なところでエレルギーに変換されます。
脳が活動するための唯一のエネルギー源も血糖です。
糖質をエネルギーに変換するためには、ビタミンB群、中でも豚肉などに多く含まれるビタミンB1が欠かせません。
ビタミンB1の補給が十分であれば、糖質は効率良くエレルギーに変換されます。
同様にエネルギー源となる脂質に比べて分解吸収が早く、即効性があるのが特徴です。
エネルギー源として利用なれなかった血糖はグリコーゲンとして一時的に貯蔵され、さらに必要ないものは体脂肪として蓄積されます。
糖質は米・パン・いも類などのでんぷん性食品や砂糖・蜂蜜などの甘味料、ブドウ糖や果糖の多い甘い果実などに多く含まれています。

糖質は3分類に分けられます

単糖類
1個の糖からなるものを単糖といい、生物にとっては主に「六炭糖」と呼ばれる炭素を6つ含むものが重要です。

  • ブドウ糖(グルコース)
    穀類や果物に多く含まれ、栄養学上最も重要な糖質です。
    血液中に血糖として一定濃度(約0.1%)で含まれ、エネルギー源や多くの生理作用に関与します。
    ブドウに多く含まていることからが名称の由来です。
  • 果糖(フルクトース)
    果汁に多く含まれることから果糖と呼ばれています。
    花の蜜にも多く、蜂蜜の固形成分の約半分は果糖です。
  • ガラクトース
    乳糖の構成成分で乳汁に多く含まれます。

少糖類
単糖が2〜10個結合したものを少糖類といい、結合数によって二糖類・三糖類と呼ばれています。

  • ショ糖(スクロース)
    ブドウ糖と果糖が結合した二糖類です。
    砂糖の主成分で、さとうきびやてんさいに多く含まれます。
  • 麦芽糖(マルトース)
    ブドウ糖が2分子結合した二糖類で、麦芽や水あめ、デンプンが分解された時に生じます。
  • 乳糖(ラクトース)
    ブドウ糖とガラクトースが結合した二糖類で、動物の乳汁に含まれます。
    乳幼児の重要なエネルギー源となっています。
    母乳には5〜7%、牛乳には約4%含まれます。
  • オリゴ糖
    オリゴは「少し」の意味。
    消化酵素によって分解されず、腸内でビフィズス菌などの有益菌の栄養源になるものがある。
    特定保健用食品としてフラクトオリゴ糖・イソマルオリゴ糖・ガラクトオリゴ糖などがある。

多糖類
単糖が多数結合した高分子化合物です。

  • デンプン
    ブドウ糖が多数結合した植物性の貯蔵多糖類で、穀類やいも類に多く含まれている。
    直鎖状のアミロースと枝分かれしたアミロペクチンがあり、後者は水を加えて加熱すると粘り気を生じる。
  • グリコーゲン
    ブドウ糖が多数結合した動物性の貯蔵多糖類で、肝臓や筋肉に多く含まれている。
    アミロペクチンとよく似た枝分かれした構造をしている。
  • その他の多糖類
    植物の細胞壁の主成分であるセルロース、果物や野菜に多いペクチンなどは難消化性多糖類または食物繊維と呼ばれている。

過剰摂取は体脂肪に変わり肥満へと

過剰なブドウ糖は脂肪に合成されて脂肪組織に運ばれ、体脂肪として蓄えられる。
砂糖や果物に多い果糖は大量に摂ると肝臓に蓄積されたり、高中性脂肪血症高尿酸血症を起こす可能性があります。
また、砂糖の主成分のショ糖は口内のミュータンス菌により粘液性物質がつくられ、その中でいろいろな菌が増え歯を溶かす有機酸が生産されるため、虫歯の原因となる。

摂取不足は体タンパク質、体脂肪を分解するようになる

糖質が不足すると、人体を構成する体タンパク質や体脂肪が分解され、エネルギー源として充当される(糖新生)。
体タンパク質の大量の分解は筋肉を減少させたり体脂肪の場合はケトン血症(血中にケトン体が増加する)を招きます。


糖質のプロフィール

  • 生理作用
    エネルギー源、体組織の構成成分
  • 供給源
    穀類、いも類、砂糖、果物など
  • 摂り過ぎの場合
    肥満、脂肪肝
  • 不足した場合
    エネルギー不足による疲労、ケトン血症
  • 一日の摂取基準
    成人 総エネルギーに占める糖質エネルギー比 50〜70%未満

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です