コレステロール

細胞膜を構成する重要な脂質

コレステロールは脳や神経組織、肝臓などに広く存在しています。
細胞膜の構成、性ホルモンや副腎皮質ホルモン、胆汁酸、ビタミンD前駆体の原料として重要な物質です。
リン酸脂質やタンパク質とともに親水性の『リポタンパク質』を構成し、血液中にも存在している。
これは大きく4つに分類される。
体に必要なコレステロールの約8割は体内で合成されている。
食事からの摂取量が多いと体内での合成量が減るように上手く調整されている。

リポタンパク質の種類

  • カイロミクロン
    主に中性脂肪を脂肪組織に運ぶ
  • VLDL
    肝臓で合成された脂質を組織や筋肉に運ぶ
  • LDL
    コレステロールを肝臓から末梢組織へ運ぶ
  • HDL
    コレステロールを肝臓へ運ぶ

大きさは上に行くほど大きい
比重は下に行くほど大きい

過剰摂取した場合

血液中のコレステロールが過剰になると高コレステロール血症を招く。
中でもLDLコレステロールが増え過ぎると、血管壁に入り込んで酸化され酸化型のLDLに変わる。
酸化LDLが血管壁にドンドンたまると動脈硬化が進行する。
さらに動脈が狭まるため、心筋梗塞や狭心症などの心疾患や脳血管疾患の可能性も高まる。

コレステロールが不足すると

細胞膜や血管が弱くなったり、免疫力が低下するなどの弊害が現れる。
脳出血やガンを起こしやすくなることも知られている。

コレステロールの上手な摂り方

  1. 食物繊維が多い野菜・海藻・きのこなどを十分に摂る
    野菜は1日350gが目標量
  2. LDLを上昇させる動物性脂肪(肉の脂肪やバターなど)は控えめにする
  3. 調理用油は総コレステロール値を下げ、HDLを下げないオレイン酸の多い油(オリーブオイルなど)がおすすめ
  4. HDLを上昇させる作用があるDHAやIPAが多いサンマ、イワシ、ブリなどの青背魚を週1回以上摂る
  5. 適量のアルコール(日本酒で1日1合以下)はHDLを上げる効果がある
    多量の飲酒はLDLを上昇させる

コレステロールを多く含む食品

鶏レバー
豚レバー
鶏卵
あんこうの肝
スルメイカ
うなぎの蒲焼
子持ちガレイ
まだこ
わかさぎ
カスタードプリン

食べ過ぎこそタブー

血液中のコレステロール値が気になる人は、コレステロールの多い食品を控えるよりも、体内でのコレステロール合成を促進する『エネルギー過剰(いわゆる食べ過ぎ)』に気をつけたほうが効果的である。
また、運動不足やストレスなどもコレステロール値の増加に影響を及ぼすと言われている。


コレステロールのプロフィール

  • 生理作用
    細胞膜の構成成分、性ホルモンやビタミンD前駆体の成分となる
  • 供給源
    レバー、卵、魚卵、うなぎ、イカなど
  • 摂り過ぎの場合
    高脂血症、高コレステロール血症、動脈硬化、心筋梗塞
  • 不足した場合
    免疫力の低下、脳出血やガンのリスクが高まる
  • 一日の摂取基準
    成人男性 750mg未満・成人女性 600mg未満

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です