このページではJavaScriptをONにしてください。

ドキュメントタイプを宣言する

<!DOCTYPE html>

<!DOCTYPE html>

文書がHTML5で作成されたものであることを宣言するために、 文書の先頭(タグよりも上)に記述するDOCTYPE宣言(Document Type Definition、DTD、文書型宣言)です。

HTMLやXHTMLでは、バージョンごとに使用できる要素(タグ)や属性とそれらの配置ルールが定められていますが、 DOCTYPE宣言は、その文書がHTMLやXHTMLのどのバージョンで作成されているかを宣言するものです。

PAGE TOP