シェルの役割の理解

シェルの役割の理解

シェルとカーネルの関係を理解する

ユーザがコマンドを入力すると、それに対応した命令が【カーネル (Kernel)】に伝えられ、実行結果が表示される。
カーネルはLinuxの本体プログラムで、ユーザはこの機能を使って様々な作業を行うことが出来ます。
ただし、ユーザとカーネルは直接対話が出来ません。
そこで、カーネルとユーザの間に【シェル (Shell)】が入ってユーザからのコマンドを解釈し、カーネルにコマンドを伝えて実行し結果を表示してくれる。
Linuxで標準的に使われるシェルは【バッシュ bash (Bourne Again SHell)】というものですが、別のシェルに変更も出来る。
LPICではbashについて出題される。

▼現在使用中のシェルの確認
$ ps

シェルで出来ること

  • 入力を補助する機能
  • コマンドを実行するときに文字の代わりとなる記号が使える
  • 結果を画面だけでなく、ファイルなど別の出力先に変えられる【リダイレクト】機能
  • 複数のコマンドを続けて実行出来る【パイプ】機能

入力を田受ける便利なキー

  • 今まで入力したコマンドを表示してくれる《↑↓キー》
  • コマンド名やファイル名を途中まで入力すると続きを補完してくれる《Tabキー》
  • 《Ctrlキー + L》で画面のクリアが出来る
▼今までのコマンドを一覧表示させる
$ history
表示後に《!(再利用したいコマンドの数字)》

ワイルドカードの活用

コマンドを実行するためには、複数のファイルをまとめて指定しなければならないこともある。
こんなときにファイル名を1つずつ指定するのは大変なので、そこでワイルドカードが活躍する。

  • 《 * 》
    1文字以上の文字を表す
    例:「*.txt」は《abc.txt test11.txt》
  • 《 ? 》
    1文字を表す
    例:「?.txt」は《a.txt 1.txt》
  • 《 [] 》
    []内から1文字ずつ
    例:「a[bcd]」は《ab ac ad》
  • 《 {} 》
    {}内からカンマで区切られた文字列
    例:「data{123,new}」は《data123 detanew》
  • 《 \ 》
    *?[]{}を普通の記号として扱いたい場合、前に入れる
    例:「test\[123\]]」は《test[123]》

トラブルが発生した場合はすぐにお電話(050-5532-9970)ください。
迅速なトラブル解決だけでなく、パソコン購入アドバイスもしております。

パソコンレスキュー
三鷹市周辺のパソコン修理・トラブル解決ならお任せください!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA