テキストファイルの表示

テキストファイルの表示

  • ファイルの内容を表示するには【cat (concatenate)】を使う。
    ▼テキストファイルの内容を表示
    $ cat [オプション] [ファイル名]
    ▼catの主なオプション
    -b 行番号を付けて表示(空白行は含めない)
    -n 行番号を付けて表示(すべての行に番号をつける)
    -s 連続した空白の行を1行にまとめて表示
    ▼「test.txt」ファイルの内容を表示する
    $ cat text.txt
    ▼行番号を付けて「test.txt」ファイルを表示
    $ cat -n test.txt
  • 指定したファイルを1ページずつ表示するコマンド【less】
    ▼テキストファイルをページ単位で表示
    $ less [オプション] [ファイル名]
    ▼「/etc」ディレクトリの「passwd」ファイルを表示
    $ less /etc/passwd
  • ファイルの先頭と末尾の表示

    ファイルの先頭だけ見たい場合は【head】が便利。
    ファイル名を指定すると先頭から10行分表示する(オプションで行数変更可能)
    末尾は【tail】コマンドを使う。

    ▼ファイルの先頭部分を表示
    $ head [オプション] [ファイル名]
    ▼headの主なオプション
    -n [行数]
    ▼「mint.conf」設定ファイルの先頭10行だけ表示
    $ head /etc/mint.conf
    ▼「mint.conf」設定ファイルの先頭5行だけ表示
    $ head -n 5 /etc/mint.conf
    ▼ファイルの末尾部分を表示する
    $ tail [オプション] [ファイル名]
    ▼tailの主なオプション
    -n [行数]
    ▼「mint.conf」設定ファイルの末尾10行だけ表示
    $ tail /etc/mint.conf
    ▼「mint.conf」設定ファイルの末尾5行だけ表示
    $ tail -n 5 /etc/mint.conf
  • データを行単位で並べ替える

    【sort】を使うとファイルの内容を行単位で並べ替えられる。
    何も指定しなければ行頭の文字を基準に昇順で並べ替える。

    ▼ファイルの内容を行単位で並べ替える
    $ sort [オプション] [ファイル名]
    ▼sortの主なオプション
    -r 並び替えを降順にする
    -n 数字の大きさを基準に並べ替える
    ▼「test.txt」ファイルの内容を昇順で並び替える
    $ sort text.xtx
    ▼「test.txt」ファイルの内容を降順で並び替える
    $ sort -r text.xtx
    ▼数値の大きさを基準に並べ替える
    $ sort -n number.txt
  • ファイルの行数や単語数、バイト数を確認する

    【wc (Word Count)】を使用して調べる。

    ▼ファイルの行数や単語数、バイト数の確認
    $ wc [オプション] [ファイル名]
    ▼wcの主なオプション
    -c ファイルのバイト数のみを表示
    -l ファイルの行数のみを表示
    -w ファイルの単語数のみを表示
    ▼「test.txt」ファイルを確認
    $wc text.txt
    ▼バイト数を確認
    $wc -c text.txt

    ▼行数を確認
    $wc -l text.txt

    ▼単語数を確認
    $wc -w text.txt
  • マニュアルを表示する

    Linuxにはマニュアルが用意されていて、【man】コマンドを利用することで特定のコマンドでわからないオプションなどを調べることが出来る。

    ▼コマンド名を指定してマニュアルを表示させる
    $ man [コマンド名]
    ▼sortのコマンドのマニュアルを表示
    $ man sort

トラブルが発生した場合はすぐにお電話(050-5532-9970)ください。
迅速なトラブル解決だけでなく、パソコン購入アドバイスもしております。

パソコンレスキュー
三鷹市周辺のパソコン修理・トラブル解決ならお任せください!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA