ディレクトリの場所を指定する

ディレクトリの場所を指定する

絶対パスと相対パス

コマンド実行にはディレクトリとファイルの場所を正確に指定しなければならない。
場所を指定するのに使うのが【パス (path)】で、ディレクトリやファイルの区切りに「/」を使う。

  • 絶対パス
    必ず「/ (ルート)」から順に指定する
  • 相対パス
    今いる場所を基準に指定する(その都度書き方が変わる)

コマンドで指定するときもこのやり方で指定する。

パスの指定で使う記号

  • . ドット1つ
    現在のディレクトリ(省略可)
  • .. ドット2つ
    1つ上のディレクトリ
  • ~ チルダ
    ホームディレクトリ

Linuxの主なディレクトリ

代表的なディレクトリの名前と簡単な役割。

  • /…(ルートディレクトリ)
    • bin
      一般ユーザ用の基本コマンド
    • boot
      起動に必要なファイル
    • dev
      デバイスファイル
    • etc
      システムの設定ファイル
    • home
      ユーザのホームディレクトリ
    • lib
      共有ライブラリ
    • media
      外付け周辺装置(HDDやCD-ROMなど)
    • proc
      システムに関する情報
    • root
      rootユーザ用ホームディレクトリ
    • sbin
      システム管理者用基本コマンド
    • tmp
      一時保管用のディレクトリ
    • usr
      プログラムなど
    • var
      システムログなど、変化するファイル

トラブルが発生した場合はすぐにお電話(050-5532-9970)ください。
迅速なトラブル解決だけでなく、パソコン購入アドバイスもしております。

パソコンレスキュー
三鷹市周辺のパソコン修理・トラブル解決ならお任せください!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA