リンクアグリゲーション

リンクアグリゲーション

リンクアグリゲーションについて

リンクアグリゲーション(CiscoではEtherChannel)を形成したい物理ポートに「channel-group」コマンドを設定します。
「channel-gruop」を設定すると、設定した物理ポートがリンクアップした時に自動的に、ポートチャネル論理インターフェース(interface PortChannel number)が作成されます。

  1. スタティックで設定する
    Swich(config)#interface renge [インターフェースID]
    Swich(config)#channel-group [グループ番号] mode on

    PAgPやLACPを使用せずに、スタティックで強制的にチャネル化する設定。

  2. PAgPで設定する
    Swich(config)#interface renge [インターフェースID]
    Swich(config)#channel-group [グループ番号] mode [desirable | auto]

    desirableは積極的、autoは消極的。
    PAgPはCisco独自。

  3. スLACPで設定する
    Swich(config)#interface renge [インターフェースID]
    Swich(config)#channel-group [グループ番号] mode [active | passive]

    activeは積極的、passiveは消極的。

  4. リンクアグリゲーションの確認
    Swich#show etherchannel summary
    どの物理ポートがバンドルされているかを確認。
    
    Swich#show etherchannel port-channel
    「summary」より詳細にステータスを確認。

トラブルが発生した場合はすぐにお電話(050-5532-9970)ください。
迅速なトラブル解決だけでなく、パソコン購入アドバイスもしております。

パソコンレスキュー
三鷹市周辺のパソコン修理・トラブル解決ならお任せください!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA