文書をHTMLにマークアップする その2

文書をHTMLにマークアップする その2

マークアップしてみる

  1. 見出しをマークアップ
    <h1>見出しテキスト</h1>
    h1からh6の6段階あり、h1が最重要で文字も大きい

    見出しテキスト

  2. 段落をマークアップ
    <p>段落テキスト</p>
    マークアップされた所は前後に空白が出来る
  3. 箇条書きをマークアップ
    <ul>
        <li>リスト項目</li>
        <li>リスト項目</li>
        <li>リスト項目</li>
    </ul>
    • ulリスト
    • ulリスト
    • ulリスト
    <ol>
        <li>リスト項目</li>
        <li>リスト項目</li>
        <li>リスト項目</li>
    </ol>
    1. olリスト
    2. olリスト
    3. olリスト
  4. 定義リストをマークアップ
    <dl>
        <dt>項目タイトル</dt>
        <dd>項目内容テキスト</dd>
    </dl>
    定義リストは【dl】【dt】【dd】が1セットとなっている
    項目タイトル
    項目内容テキスト
  5. 情報のグループ化
    <div>ブロック領域</div>
        
    • 情報のまとまりごとにソースをグループ化し、名前を付けてソースの可読性を高める
    • レイアウトやデザインの再現のために必要な枠を用意する
  6. 読みやすいように改行を入れる
    文章の改行したい箇所に<br>

今回の出来上がりページ


トラブルが発生した場合はすぐにお電話(050-5532-9970)ください。
迅速なトラブル解決だけでなく、パソコン購入アドバイスもしております。

パソコンレスキュー
三鷹市周辺のパソコン修理・トラブル解決ならお任せください!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA