絶対パスと相対パス

絶対パスと相対パス

絶対パス

絶対パスとは「httpから始まるWebサイトのURLを使ってファイルの場所を指定する」方法のこと。
例:http:hogehoge.com/aaa/ABC.html

相対パス

相対パスとは、「現在のファイルから目的のファイルまでの相対的な位置関係を指定する」方法のこと。
サイト内ファイルを指定する場合は通常この方法を使うので、少々分かりづらいのですが、非常に重要なので、しっかり理解するようにしてください。

下記のようなファイル構造を例にして説明します。

index.html aaaフォルダ A1.html A2.html bbbフォルダ B.html cccフォルダ C.html dddフォルダ D.html
  • ▼同一階層へのパス

    現在のファイルと同じ階層は「./」で表す。
    A1.htmlとA2.htmlは同じ階層にあるので、A1からA2へのパスは「./A2.html」となる。
    ただし、「./」は省略可能なので、「A2.html」とするのが普通です。

  • ▼下の階層へのパス

    下の階層はフォルダ名を「/」で区切った後ファイル名を指定する。
    A1.htmlからB.htmlの場合は「bbb/B.html」となり、C.htmlの場合は「bbb/ccc/C.html」となる

  • ▼上の階層へのパス

    1つ上の階層は「../」で表す。
    2つ上の階層は「../../」となり、3つ上の階層は「../../../」で表す。
    従って、A1.htmlからindex.htmlへのパスは「../index.html」となる
    C.htmlからindex.htmlの場合は「../../../index.html」となる。

  • ▼フォルダをまたぐ場合のパス

    A.htmlからD.htmlのように所属フォルダが異なる場合、一旦親フォルダが同一の階層に存在しているところまで戻ってから目的のフォルダの中に入る。
    A.htmlからD.htmlの場合「../ddd/D.html」となる。
    また、C.htmlからD.htmlへの場合は「../../../ddd/D.html」となる。

  • ▼ルート相対パス

    ルート(最上位層)からの指定となる。
    C.htmlからD.htmlの場合「/ddd/D.html」となる。
    パスの最初に「/」の入力を忘れずに!


トラブルが発生した場合はすぐにお電話(050-5532-9970)ください。
迅速なトラブル解決だけでなく、パソコン購入アドバイスもしております。

パソコンレスキュー
三鷹市周辺のパソコン修理・トラブル解決ならお任せください!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA