CSSの概要と基本ルール

CSSの概要と基本ルール

CSSをHTMLに組み込む方法

  • インライン
    HTMLタグに直接style属性によってCSSを記述する方法。
    <h1 style="color: red;">見出し</h1>
  • 内部参照
    head要素の中にstyle属性を設定してCSSを記述する方法。
    <head>
    <style type="text/css">
        h1 {color: red;}
    </style>
    </head>
  • 外部参照
    CSSを外部ファイル化して、それを参照する方法。
    <head>
        <link href="外部CSSファイルのパス" type="text/css" media="all">
    </head>

    または

    <head>
    <style type="text/css">
        @import url(外部CSSファイルのパス);
    </style>
    </head>

CSSを外部ファイル化するメリット

複数ページ間でスタイルの使い回しが出来るので、元ファイルを修正するだけで適用しているすべてのページで反映されます。

CSSの基本ルール

  • 基本書式
    セレクタ{プロパティ:値;}
    どこの(セレクタ)・なにを(プロパティ)・どうする(値)
    
    例:h1{color:#FF0000;}
    h1(セレクタ)の色(プロパティ)を#FF0000(値)にする
  • CSSでの色指定
    CSSでの色指定は一般的に16進数のRGB値を使用します。
    RGB値は大文字でも小文字でも良く、ゾロ目の場合は3桁で表現できる。
    例:#FF0000は#F00でも良い。
  • CSSで使う単位
    基本的に【px(ピクセル)】【%(パーセント)】【em(エム)】がほとんどです。

トラブルが発生した場合はすぐにお電話(050-5532-9970)ください。
迅速なトラブル解決だけでなく、パソコン購入アドバイスもしております。

パソコンレスキュー
三鷹市周辺のパソコン修理・トラブル解決ならお任せください!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA