Linuxの特徴的な部分

Linuxの特徴的な部分

ドライブ名はない

Windowsのようにドライブ名を指定することはなく、すべて【ディレクトリ】として扱う。
ディレクトリとはWindowsやmacOSのフォルダと同じようなもので、PCに何らかの機器を接続したら【マウント】という操作でディレクトリとして認識させる。(現在はほとんどが自動認識する)

大文字と小文字は区別される

ファイル名やコマンドを指定するときに大文字と小文字は全く別物として扱われるので、注意が必要。

拡張子でファイルを区別しない

Windowsでは「.txt」「.docx」といった拡張子が付いていて、この拡張子でファイルを分類している。
しかし、Linuxでは拡張子でファイルを区別するという考えはなく、拡張子はあくまでファイル名の一部という扱いとなる。

コマンドは2種類ある

マウスで操作するGUIと異なり、CUIはキーボードからコマンドを入力してOSに命令を出す。
コマンドには、あらかじめ組み込まれている【内部コマンド】と、実行ファイルとして個別に保存されている【外部コマンド】がある。
コマンド入力した際のエラーには、入力ミス以外に外部コマンドの実行ファイルの場所がわからない場合がほとんどです。
この場合、コマンドファイルが入っているPath(パス)を指定してあげれば使えるようになります。

【root】ユーザ

Linuxは1台のコンピュータを複数の人数で同時に使用することが出来るマルチユーザシステムで、ユーザアカウントにはシステムの設定やユーザ管理などの特別な権限を持つ管理者ユーザの【スーパーユーザ】と【一般ユーザ】【システムユーザ】がある。


トラブルが発生した場合はすぐにお電話(050-5532-9970)ください。
迅速なトラブル解決だけでなく、パソコン購入アドバイスもしております。

パソコンレスキュー
三鷹市周辺のパソコン修理・トラブル解決ならお任せください!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA